事業を実施した住宅について

  「民間住宅活用型住宅セーフティネット整備推進事業」は、既存の民間賃貸住宅の質の向上を図るとともに空家を有効に活用することにより、住宅確保要配慮者の居住の安定確保を図るとともに、災害等には機動的な公的利用を可能とする環境を構築することを目的としています。
  本事業を実施した住宅(補助を受けた住宅)については、管理期間中に高齢者世帯、子育て世帯、障がい者等世帯又は所得が214,000円を超えない者等の入居について、その世帯属性を理由として入居を拒むことはありません。(ただし、家賃の支払能力が十分でない等の場合は除きます。)

'' で検索しました。
該当するデータは見つかりませんでした。

住所交通手段住宅について入居に係る問い合わせ先
都道府県市区町村左記以外の住所最寄り駅最寄り駅からの時間住宅名称部屋
番号
面積
(m2)
間取り新築年月参考家賃名称連絡先

  上記リストに記載された住宅について、万一、その世帯属性を理由として入居を拒まれること等、公表事実と異なる場合は、こちらまでご連絡下さい。
上記連絡先は取次窓口であり、補助を受けた事業者に対して直接指導、対応は行いません。

COPYRIGHT 2012 民間住宅活用型住宅セーフティネット整備推進事業実施支援室 ALL RIGHTS RESERVED.